SSブログ
エディーメルクス ブログトップ

【メルクス】アルミからカーボンへ! [エディーメルクス]

ず~っと、お問合せはあったのですが・・・3月より【サッサ・ツーリング】再開しようと
思います。

1人も楽しいのですが、みんなで走ると違う楽しさがありますよね!!
(予約制です。)

3月7日(日)【MTBツーリグ】9時出発。
参加希望の方はサッサまで、ご連絡ください。

なまった?体を、楽しみながら動かしましょう!?

*********************************

ロードフレームの載せ替え作業をさせていただきました!

20_merckx_01.jpg

アルミフレームからカーボンへ!

20_merckx_02.jpg

20_merckx_03.jpg

フレーム交換は、”フレームの差”がモリモリ体感できて楽しさ満点です!!
御興味ある方は、ぜひご相談くださいね。

愛知県知多半島最南端のスポーツ自転車屋
武豊町の”サイクルショップサッサ”でした!

nice!(1)  コメント(1) 

【メルクス】クラシックレース「ミラノ~サンレモ」の名を。サンレモ76 [エディーメルクス]

8月14日(月)から18日(金)まで、お盆休みをいただきます。

15日(火)から17日(木)は、サッサも白馬でMTBを楽しんできます。
ちょっと天気が心配ですが、楽しみな3日間です。

お土産話をおたのしみに!!?

****************************************

現役通算525勝、という偉業を達成したベルギーのロードレーサー
エディーメルクス!!

彼自身が立ち上げ、その名を冠したバイクブランド”エディメルクス”の
セカンドグレードのレーシングモデル【san remo 76 : サンレモ76】。

春の訪れを告げるクラシックレース「ミラノ~サンレモ」の前人未到の最多記録を
今なお保持するのはメルクス。
これを由来としたのが【san remo 76 : サンレモ76】です。

merckx_sanremo76_1.jpg
ハイエンドモデルと比べるとややマイルドな乗り味を追求しながらもコンチネンタル
チームに供給されているフレームだけあって、その性能は折り紙つき。

パワフルなライダーでも踏み負けることのないロードバイクに仕上がっています!

merckx_sanremo76_2.jpg
merckx_sanremo76_3.jpgmerckx_sanremo76_4.jpg
《ディスクブレーキ仕様》と《キャリパーブレーキ仕様》があります。

2018年モデルは《ディスクブレーキ仕様》ではフレームセット。
《キャリパーブレーキ仕様》ではフレームセットの設定と、アルテグラ完成車の
設定があります。
お好みに合わせてどうぞ!

サイクルショップサッサでした。


タグ:メルクス

【メルクス】2017シクロクロス””エークロ70” [エディーメルクス]

現役通算525勝、という偉業を達成したベルギーのロードレーサー
エディーメルクス!!

彼自身が立ち上げ、その名を冠したバイクブランド”エディメルクス”の
シクロクロスバイク、”eeklo70(エークロ70)”をご納車しました!

2017_mercks_eeklo_01.jpg

105・ディスク仕様、かっこいいですね!

2017_mercks_eeklo_02.jpg

2017年モデルから、ディスクブレーキモデルは
スルーアクスルとフラットマウント(ブレーキ)を備えています。

2017_mercks_eeklo_03.jpg

シクロクロスのレースを走った感想を聞かせてくださいネ!
(今シーズンのレースは、終了!?)

街乗りやツーリングバイクとしても、使い勝手はよいですね!!

在庫のお問い合わせは、
知多半島最南端のスポーツサイクルショップ
”サイクルショップサッサ”まで!

2014年モデル【EDDY MERCKX】(エディーメルクス)を見に、深谷産業に行ってきた!? [エディーメルクス]

先日、2014年モデル【エディーメルクス】の展示会に行ってきました!

行ったのは、メルクスの輸入代理店をしている、名古屋の老舗「深谷産業」本社。
2014_merckx_emx_525_05.jpg

2014年のフラッグシップモデル"emx-525" に乗ってきました。

サッサは”emx-5”に乗っているので、その違いがハッキリわかちゃいました!?

ちゃんと進化しております!!
見た目のゴツさよりも、断然乗りやすいバイクです。

色々な印象は、店頭にてサッサに聞いて下さい!!

2014_merckx_emx_525_01.jpg2014_merckx_emx_525_02.jpg2014_merckx_emx_525_03.jpg

600GPaクラスのカーボンを使用した、高剛性のBB周りにより、ライダーのパワーを余す
ところなく推進力に変換し、荒れた路面高速コーナーでの高い安定感をもたらす
ヘッドチューブ周辺のボリュームが最大の特徴です。

14年モデルは電動・機械式両コンポーネントに対応
フレームセットで¥429,000(税込)

色は写真の”ブラック・ホワイト・カーボン”のほか、”レッド・ホワイト・カーボン”もあります。


そしてこちらは、エディーメルクスタイムトライアル・バイク"ett"
2014_merckx_ett_01.jpg
世界最高スピードを得るために設計された”ett”は、走行中の空気の乱れを抑える整流効果の
高いフレームデザイン

電動コンポーネントにも対応

フレームセットで¥429,000(税込)


エディーメルクス ブログトップ